歯周病治療

当院の歯周病治療の特徴について

歯周病

患者様の普段の生活での予防方法も踏まえて治療提案

歯周病とは歯の周りの歯茎が細菌に感染することで歯を支える骨を溶かしていく病気のことです。
当院では衛生士によるクリーニングに加え歯科医師による歯周病のオペも積極的に行っていますが、一番お口の中に触れる時間やお口の中を管理できるのは患者様自身であると考え、衛生士や歯科医師、患者様全員で歯周病を改善できるような指導、取り組みをおこなっています。

歯周病

日本の成人の約80%が
感染している歯周病

歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌に感染し、歯ぐきが腫れたり、出血したり、最終的には歯周組織が破壊されて歯が抜けてしまう病気です。
歯肉炎、歯周炎とも呼ばれています。
歯垢(プラーク)は時間が経つと歯磨きでは取り除くことができない歯石になります。
歯石自体は歯周病の原因ではありませんが、歯磨きでは除去できないため周囲のプラークの除去を困難にし、専門的な治療が必要となるケースがあります。

歯周病治療の流れ

  1. 歯周ポケット診査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影 歯周病の原因は一人ひとり異なりますので、治療していく前に検査を行い、それぞれに適した治療を行っていきます。
  2. プラークを除去 歯周病の原因は歯垢(プラーク)なので、プラークを除去して付きにくくすることが治療の基本となります。
    歯科衛生士による歯磨き指導や歯間ブラシ、デンタルフロスなどで改善をはかります。
    簡単に落とせる歯石やプラークを落していき、検査にて改善を確認します。軽度の歯周炎の方はここまでで治療が完了します。
  3. 歯と歯肉の間に溜まっていた歯石や歯垢(プラーク)除去 中等度~重度の歯周炎の場合、歯石が深くまであるため取りきれません。このような場合は外科的な治療が必要となります。麻酔をしてから歯肉の切開をし、歯と歯肉の間に溜まっていた歯石や歯垢(プラーク)を除去します。
  4. メインテナンス 口の中の細菌を完全になくすことは難しく、歯周病は再発し易いので、治療完了後も定期的なメインテナンスが必要となります。
    再発防止には患者様自身による歯垢(プラーク)のコントロールだけでなく、定期的に歯科医師や歯科衛生士による検診や治療を受け、歯をメインテナンスすることが重要です。

歯周病と歯槽膿漏・歯肉炎について

歯周病とは

歯周病とは歯の周りの歯茎が細菌に感染することで歯を支える骨を溶かしていく病気のことです。

歯槽膿漏とは

近年では歯周病と名前を変更しましたがかつては歯槽膿漏とよばれ歯を支える骨を溶かす病気として知られていました。

歯肉炎とは

歯肉炎とは歯周病の初期段階の状態です。
歯の周りの骨を溶かす状態ではありませんが歯肉が赤く腫れており日常の歯ブラシでも出血を伴うことがあります。

歯周病について

歯周病になる原因

歯磨きが不十分であったり回数が少ない、食生活の乱れにより歯に汚れが多くついた状態であると歯周病の進行が始まります。

歯周病と全身疾患

糖尿病と歯周病にはお互いを悪化させあう負の相互関係があります。
糖尿病の進行度によっては処置の内容も変更することもあるので現在療養中のかたは歯科医師までご相談ください。

歯周病と口臭

口臭については食生活、全身疾患によるもの等様々な原因がありますが口腔内が原因のものとしては歯周病の可能性があげられます。
歯周病菌の中には硫化水素やメチルメルカプタンと呼ばれる臭いの原因となる気体を産出する菌がいるため、歯周病の進行に伴い口臭が発生することがあります。

歯周病で抜歯をお勧めするケース

歯周病が重度まで進行すると歯を支える骨がほぼ溶けてなくなってしまう状態になります。
この状態ではクリーニングや歯周外科手術等の治療を行ったとしても骨が復活せず治療が成功する見込みは少ないため抜歯をご案内することがあります。

患者様のお悩みを解決する
総合診療の歯医者

虫⻭治療から⻭を失ってしまったかたへのインプラント、入れ⻭、美しい⻭を実現する審美⻭科(⻭のセラミック)やホワイトニングまで、総合診療を提供しております。

急な痛み、つめ物が取れた・外れた等、お口の中に困りごとがありましたら、お気軽にご相談ください。

初診の方はこちら
初診の方専用
WEB予約
英語版